園の概要

園長あいさつ

箱崎幼稚園のホームページにお越しいただきありがとうございます。


 幼稚園生活は、家庭から離れて同年代の幼児と日々一緒に過ごす初めての集団生活です。幼稚園で行う活動の中心は「遊び」です。友だちや先生といっしょに遊びながら人間関係の基礎がつくられていきます。

 友だちと「遊ぶ」ことで、新たな興味や関心が広がります。また、子どもたちは、友達とのかかわりを通して様々な感情を体験し、ルールなど社会生活の基礎を学んでいきます。集団生活の中だからこそ自分の考えや意見を持ち、自ら関わり、表現しようとする自主性も育まれます。この「遊ぶ」ことで子どもの成長にとって基本的で大切なことを身につけることができ、心も体も豊かに成長していきます。このように幼稚園での「遊び」から子どもは人間形成の基礎を学んでいきます。 


 本園は、福岡市内でも珍しく箱崎校区の婦人会が母体となって設立された幼稚園で、運営には地域の皆様のご支援をいただいております。地域の皆様に温かく見守られながら子どもたちは楽しく生活をしています。近くには筥崎宮や箱崎浜があり、地域の行事に参加したり、鳥や植物や虫と触れ合ったりする体験を通して、春・夏・秋・冬という四季の移り変わりを肌で感じることができます。さらに、小学校の敷地に隣接しており、小学生との交流を行うなど、豊かな体験を通して子どもたちの心と体の育成を図っています。本園の少人数という良さを生かし、家庭的な雰囲気の中で、ひとりひとりやクラス全体の育ちを見極め、ねらいを持って保育を行っております。


 お子さんの教育にはなによりもご家庭と幼稚園との信頼が最も重要です。お子さんの健やかな成長のためにご家庭と幼稚園がいっしょに歩んでいきたいと思います。 どうぞよろしくお願い致します。       

                        

学校法人箱崎学園 箱崎幼稚園

園長  青木 理枝

沿革

箱崎小学校創立80周年を記念し、昭和26年10月1日に校区婦人会が母体となって小学校内に幼稚園を設立しました。

それから半世紀以上たった今日、同じ場所に独立した園舎を持ち、学校法人の私立幼稚園として運営を続けています。

特徴

幼稚園大好き 友達大好き

思い思いの遊びの中から、心躍るあそびが広がっていきます。

「筥崎宮」「箱崎浜」「県立図書館」をはじめ、年長組になると地下鉄や路線バスを利用して、あちらこちらに出かけ開放感あふれる活動をしています。

日々の生活を基盤とした行事を行います。

子どもにふさわしい絵本を選び、毎日の「読み聞かせ」を大切にしています。

小学校生活に馴染みやすい環境です。

少人数で家庭的な雰囲気でひとりひとりの育ちを見守り援助します 。

その時期の、ひとりひとりやクラス全体の育ちを見極め、ねらいを持って保育に臨みます。

子どもの遊びや活動に適切な援助を行い、より良い育ちへの手助けができるよう、日々研鑽を積んでいます。

保育者みんなの目と心で、ひとりひとりを見守っています。ゆったりとした生活時間の中で、木の下で元気に遊び、友だちや先生と一緒に知恵を出し合い、楽しく活動しています。 幼児の特性に即した生活環境で、子ども主体の遊びや活動を繰り広げながら毎日生き生きと過ごしています。

公共交通機関に恵まれた箱崎の地の利を生かし、水や緑、季節や自然を求めて園外へ出かけていきます。

園内だけでは体験できない活動は、子どもの精神の成長に確実な成果をもたらしています。