ピタゴラスイッチ(5歳児)

さくら組(5歳児)の廊下に長い長いトンネルの道(子ども達は、ピタゴラスイッチと呼んでいます)が続いています。スタートからビー玉を転がすと目には見えないけれど、「コロコロ」音を立てながら、どんどん転がっていきます。途中で音が消えると「ここらへんで引っかかったようだ」と、トンネルの中を探します。毎日少しずつ長くなり、今日は、廊下の端っこまで繋がりました。この後は、直角に曲がって階段に続く予定です。直角にビー玉を転がすには、どうしたらいいでしょう?3枚目の写真は、子ども達の考えた直角の道です。

0コメント

  • 1000 / 1000